アクアクララ

アクアクララ販売店 横浜市・神奈川県エリアに配達可能

アクアクララ
ホーム サイトマップ 会社概要
孫がジュースではなく、「お水飲む!」って言うんです。  
初めてのご注文(ご家庭用) 初めてのご注文(法人用) 2回目以降のご注文(お届け便)
お水の話 防災に備えるお水

災害や事故などによる、家庭の水道水の影響はどうなるのでしょうか?

災害や事故などによって、家庭のお水はどうなるか知っていますか?

(1)地震

大きな地震が起きると、水道施設の破損が原因で発生します。
地震の規模によっては被害が広域におよび、その影響が長期化する点がほかの災害と大きく異なります。

(2)台風、豪雨

洪水等による施設の破損・流出、広域的な停電による水供給機能の停止により発生します。

(3)水質事故

有害物質を含んだ汚水の水源への流出、廃棄物の不法投棄や車両事故に伴う水源の汚染等によって発生します。

平成15年に発生した「宮城県北部の地震(7月26日、マグニチュード6.4・震度6)」では、1県8市町村、約1万3721戸が断水し、復旧には最大22日が要されました。翌16年の「新潟県中越地震(10月23日、マグニチュード6.8・震度7)では、県内の45の水道施設が影響を受け、約12万9800戸が断水しました。
「阪神・淡路大震災(平成7年1月17日、マグニチュード7.3・震度7)」は、大都市における直下型地震だったこともあり、被害はさらに甚大でした。死者6000人以上を出したこの震災では、神戸市のほぼ全世帯を含む、9府県81水道の約130万戸が断水。完全復旧までは最大3か月もの日数を要し、水が断たれることの深刻さが、改めて浮き彫りになりました。

日常生活において、私たちは1人1日あたりおよそ240リットルの水を使っています。対して、震災直後の給水量は1人1日わずか1~2リットル。混乱がある程度まで収束した後は1人20リットル程度を得られたようでしたが、それでもふだんの12分の1にすぎず、被災した人々は、不自由なく水が使える生活の有難さをつくづく感じたと語っています。


地震・停電・断水など・・。緊急時にも安心なウォーターサーバー。
日本の水道普及率は96.9%です。
私達は、「蛇口をひねると水がでる」のがもはや当たり前です。
しかし、暮らしの水のほとんどを水道水に依存している私達は、もしも、水がなくなったとき、私たちの生活はどうなるか?考えた事はありますでしょうか?

地震や突然の停電や断水。
ご家庭の水道水が突然使えなくなったときでも、アクアクララのウォーターサーバーはご利用頂けます。
もちろん、冷水や温水は出ませんが、アクアクララの美味しいお水は、普段通り飲むことができますので、ご安心ください。

地震国日本に住む私達は、どんな緊急時でも、お水を確保しておくことが余儀なくされています。ご家庭に 、安全で美味しいお水を備蓄する考えこそ、アクアクララの最も重要なコンセプトです。

ページトップ

Cd081000244
トータルクリーンサービス・谷川
お問い合わせ フリーダイヤル0120-51-8000